ナホトカの空港:スキーム、写真。ナホトカ空港への行き方

ナホトカの空港

ナホトカの空港

ナホトカの空港 «ゴールデンバレー» (旧ウナシ)旧軍用飛行場で、市内から北部に向かって20 kmに位置しています。前世紀の90年代の初めから2006年まで、飛行場は民間航空と連携して運用され、SEZの設計計画に含まれていました «ナホトカ空港».
90年代後半、空軍部隊の清算により、空港は解散した。今日2.5 kmの人工滑走路が劣化しています.

歴史

ナホトカに空港が設立されたのは1991年にさかのぼります。このとき、極東の港を通過する緊急貨物の取り扱いが必要になり、乗客をこの地域の遠隔でアクセスできない場所に輸送する必要が生じました。.
もともとは村の地域に新しい空港を建設することが計画されていました «ニコラエフカ», ナホトカから40キロに位置しています。建設の財務コストは1億ドルと推定されました。しかし、その後、未知の理由でこのプロジェクトを中止しました.
第94軍飛行場の9月に «ゴールデンバレー» 共同飛行場のステータスを受けました。旅客ターミナルと貨物ターミナルの建設のための資金は、地域と地区の予算に委ねられました。 950万ドルのローンさえ割り当てられ、滑走路の修理、航空機の駐車場の塗装、接地、その他の作業の一部が完了しました。 97年3月に、空港は民間の貨物航空機An-12を初めて受け取りました。.
しかし、98年5月に、合同の航空連隊が解散され、最初の空港は技術的支援を受けずに残されました。また、空港が航空機の受渡しに適していると認識されていたにもかかわらず、資金不足のため、空港の再建と技術的な再装備は完了していませんでした。.
ナホトカの空港の建設は、2006年初頭に清算されるまでの自由経済圏の開発計画の一部でした。.

私たちの日々

今日、空港の領土は荒廃し、滑走路は草で覆われ、格納庫は破壊されています。ロシア連邦の防空ユニットと軍の町の住宅団地のユニットはまだ別々です.
ニコラエフカの村で、かつての飛行場への道を曲がったところに記念碑が建てられました «SU-15戦闘機迎撃機».

ナホトカ空港の写真

  • ナホトカの空港
logo